書く

岩手マカトンクラブの紹介      

                 盛岡 田中倶子

 岩手県盛岡市で毎年11月第2土曜日にマカトン法初級ワークショップを開いていただくようになって7年が過ぎました。

 毎回60名前後の参加者が熱心に受講され、お世話役の私達もできるだけ多くの方々がマカトン法のすばらしさを知って、使われるようになる助けになればと頑張ってきました。 

 現在までに500名ほどの方が初級ワークショップを修了されました。
 ほかにセミナー等でお話しする機会もありますので、当地でもかなりの数の方々がマカトン法を知り、しっかり受け入れてきているという実感を持つ今頃です。

 しかし、はじめてワークショップが開かれた1996年頃は、修了後にこのまま県内各地へ散らばって行ってしまうのでは、それぞれの職場で充分に説得力のある伝達もできないのではないかとか、ワークショップで身につけたサインも時間の経過とともに次第に自信が持てなくなったりして、やる気もしぼんでしまうのではないかとの危惧がありました。

 広い県内ですので頻繁に集まることはできません。せめて年に一度サインの復習と気楽に話し合える会が欲しいねということで発足したのが岩手マカトンクラブです。

事務局
〒020-0173 岩手県岩手郡滝沢村滝沢字穴口203-4
岩手県立みたけ学園ことばの発達相談室 (矢吹裕哉)

 身につけたマカトン法の技術をいつまでもワークショップ当時の鮮度に保っていこうという意味で、“岩手マカトンクラブ・リフレッシュの会”と称し、6月第2土曜日の午後集まっています。(場所の都合などで変ることもありますが)

対象者:
初級以上のワークショップ修了者/ マカトン法に関心のある方
職 業・年齢は問わず
プログラムは2時間です。
1. マカトン法についての講義(紹介)
2. マカトンサイン練習@―サインは1,2ステージを主に、日常使えば便利なことばの練習をピックアップして。
3. マカトンサイン練習A
4. 実践報告 父母 教師 ST 乳児院の指導員など。
5. 質疑応答
 通信費+資料代 500円

 6月のリフレッシュ会に参加して予備知識と関心を深めて、11月のワークショップに参加される方が毎年何人かおられますし、毎回リフレッシュ会に来てくださる方々もあり、マカトン法をきずなとしたつながりが着実に固まってきているように思っています。

 最近ではワークショップに、県内だけでなく、東北各県・北海道からの参加も増えています。子どもたちがどこへ行っても、コミュニケーション手段に困らない日が来るように願っています。

 今後はゆっくりと時間をかけて、担当のお子さんたちの問題について話し合えるような会ができればいいな、そして楽しいコミュニケーションの輪が広がっていく、そんな時代を想い描いています。


バックナンバーへ

ホーム