マカトン法は、言語やコミュニケーションに問題のある子どものために、英国で開発され、世界の40ケ国で使われている言語指導法です。



 マカトン法では、音声言語・動作によるサイン・線画シンボルの三つのコミュニケーション様式を同時に用いることを基本とします。



 マカトン法によって、言語理解、音声表出、コミュニケーション意欲の向上がうながされます。理解言語にくらべて表出言語に問題のある場合には特に効果的です。




 マカトン法は、英国のどの養護学校でも使われています。


日本マカトン協会

英国マカトン協会(Makaton Charity)の支部として、
マカトン法の普及と研究を推進する
任意団体です。

 ニューズレターへ
  ホームへ