マカトン協会について

about Makaton Japan マカトン協会とは

マカトン協会は、英国マカトン協会(The Makaton Charity)の支部として、
マカトン法の普及と研究を推進する任意団体で、以下のような事業を行っています。

事業内容
・マカトン法指導者養成のために、ワークショップ(指導者認定講習会)を開催する。
・マカトン法普及および定着のために、セミナー、勉強会、テイスターなどを開催する。
・マカトン法に関する印刷物を刊行する。
・英国マカトン協会(The Makaton Charity)が認定するチューター(海外普及資格者)を養成する。

tutors チューター紹介

英国マカトン協会による現地での研修を修了し、海外普及資格を有するチューターは、2020年9月現在、以下の9名です。

  • 代表 服部 由起子 日本マカトン協会
  • 副代表 礒部 美也子 奈良大学 社会学部心理学科 教授
  • 山崎 祥子 らく相談室 まなえだ 代表
  • 吉田 くすほみ ダウン症研究所 代表
  • 東 敦子 社会福祉法人のゆり会 のぞみ学園かめあり 園長
  • 菊池 けい子 旭出学園教育研究所 主任
  • 比良岡 美智代 らく相談室 まなえだ 管理者・児童発達支援管理責任者
  • 岡本 朗子 放デイおおきな かぶ 管理者
  • 齋藤 愛子 旭出学園教育研究所 研究員

copyright information マカトンの著作権について

「マカトン」「MAKATON」は、The Makaton Charity (英国マカトン協会本部)の登録商標です。
著作権所有者の書面による承諾がない限り、マカトン法に関わる出版物の全部
または一部の複製、転載、宣伝広告、出版などが禁止されています。
これに違反した場合、本協会から英国本部へ通告することが義務づけられています。
特に以下のような行為は固く禁じられていますのでご注意ください。

マカトン法についての講習会等を開催すること。
マカトン法に関わる講習会は、チューター(上記参照)および協会が認定したコーディネーターのみが
講師を務めることができます。ワークショップを修了しても、講習会等を行うことはできませんのでご注意ください。
尚、研修報告や勉強会の一環として、校内や施設内の指導者間で
マカトン法についての知識を共有することはこの限りではありません。

マカトン法の教材や印刷物を複製または作成し、不特定の対象に配布すること。
マカトン法の教材を作成し、ネット上で販売するなどの行為は、著作権法により固く禁じられています。
尚、個人の使用目的で教材を作成し使用することは、全く問題はありません。
学習者の学びに合わせて工夫した教材の使用はむしろ推奨されます。

著作権に関してご不明な点がありましたら、以下までメールでお問い合わせください。

日本マカトン協会

代表 服部由起子

Email: makatonjp1989@outlook.jp